お知らせ

■ 管理薬剤師の変更時の注意事項 ■(情報提供)


■ 管理薬剤師の変更時の注意事項 ■
この度、会営薬局では管理薬剤師の変更が有りました。その際時当薬局で実際に行った手続きにおいて特に注意すべき事項を列挙します。
◎保健所
「薬局の変更届:管理薬剤師の変更」、「管理者及びその他従事者に関する書類」
「高度管理医療機器等販売業の変更届」「管理者の兼務許可申請」
(管理者の兼務許可申請:管理薬剤師が学校薬剤師を兼任する際には必要です)
◎厚生局
「保険薬局届出事項変更届:管理薬剤師の変更」「かかりつけ薬剤師の登録削除」
◎医薬品ごとの登録など
コンサータ、ノルスパン、リタリンなどは適正使用やその流通における管理が必要とされ、調剤を行うには管理責任者の事前講習やその登録が必須となっております。

※ この中で特に『コンサータ』については特に注意が必要です。管理薬剤師の変更を事前に『コンサータ錠 適正流通管理委員会』へその旨を届け、新しく管理薬剤師になるものがe -ラーニングを受講し承認を得た後でないとコンサータの登録調剤責任者と認められず、空白の期間が生じた場合にはコンサータの調剤が出来ないという事態に陥ります。当薬局でもこの事例により実際に管理薬剤師を変更する日程が2週間ほどずれ込む事態となりました。
会員薬局の皆様くれぐれもご注意ください!!

福岡市薬剤師会薬局へ医薬品についてのお問い合わせはこちらCONTACT